キャバクラで楽しくお酒が飲みたいなら、キャバ嬢に好かれるような飲み方をしたいものですよね。
キャバ嬢も人間ですから、嫌な言動を見せてしまうと信頼されなくなりますし楽しく遊べません。

このページではキャバ嬢に好かれる顧客のパターンをまとめてみました。

気さくで明るい顧客


キャバクラで一人黙って黙々とお酒を飲む顧客がいますが、キャバ嬢にとって寡黙すぎるお客様はとても苦手。
こちらから話しかけても特に反応もなく、無表情でお酒を飲みつづける顧客とは1分1秒がとても長く感じられます。

キャバ嬢に好かれる顧客はまず気さくで明るく、オープンに会話が出来る方
コミュニケーション力のある方はどんな仕事をしても上手くいくものですが、キャバクラでも同じです。
キャバ嬢とお喋りしたい、楽しい時間を過ごしたいと思うポジティブ志向の顧客はキャバ嬢に好かれます。

ただお喋りな顧客の中には、キャバ嬢のルックスについて「お前は胸が小さいな」「足が太すぎて好みじゃない」など傷つくような事を言う方もいます。
嫌味な事しか言えない顧客、上から目線でお説教の多い顧客、自慢話オンパレードな顧客はキャバ嬢とまともな会話が出来ない上に信頼されません。

信頼できる顧客になるためにはキャバ嬢が嫌がる事を言わない、オフレコの話をばらさない、一方方向の会話をしない事です
「気さくで優しくて何でも安心して話せる顧客だわ」とキャバ嬢から信頼されれば、キャバクラはもっと楽しめる場所になるはずです。

一人の女性として扱ってくれる顧客


大変残念な事ですが、キャバ嬢を「どうせ水商売の女だろ?」と蔑んだ目で見る顧客がいるのも事実です。
そんな顧客は言動の端々にキャバ嬢軽視が現われます
このような態度では楽しくお酒が飲めるはずがありませんし、キャバ嬢の側としても気分が良くありません。

キャバ嬢も人間ですから「どうせ水商売女」と言われれば傷つきます。
いくら心の中ではこのように考えていたとしても、言動には出さないのが紳士と言うもの。
キャバ嬢も一人の女性。
キャバ嬢とお付き合いするのではなく、一人の女性として扱う事を心がけなければなりません

キャバクラで話をするキャバ嬢を「所詮水商売女」と思うのか、友達や恋人だと思うのかで態度も違ってきます。
同じ時間を楽しむのならキャバ嬢を一人の女友達として尊重してあげると、より充実した時間を過ごせるはずです。

さり気ない心遣いをしてくれる顧客


キャバ嬢にとってキャバクラは職場でありお金を稼ぐ場所です。
中には生活が苦しく、生活費を稼ぐために働いてる女の子もいます。
女の子の事情を知れば、やはり手助けしてあげたいと思うのが人情。

キャバ嬢はブランド物のバッグやアクセサリーを贈られると喜びますが、配慮出来る顧客はキャバ嬢が本当に何を欲しがっているのか理解出来ているものです
生活が苦しいキャバ嬢には商品券を贈る方がブランド物のバッグよりもよほど有難いはずです。

プライベートで絵を描くのが趣味のキャバ嬢なら、絵の具や画用紙を贈る方が心に残るもの。
キャバ嬢に好かれる良いお客様とは、キャバ嬢の立場や思いを汲み取り、さり気ない心遣いや援助をしてくれる方なのです