キャバクラには毎日たくさんのお客様がやって来ますし「来る者は拒まず」の姿勢がお店の基本です。
その基本があるためキャバ嬢側は「この顧客は接客するけど、この人は嫌」と選り好み出来ません

世の中には様々な方がいるので「是非接客したい!毎日来て欲しい」と思える仏様のような顧客がいる一方で「調子に乗るな!二度と来るな!」と言いたくなるような質の悪い顧客がいるのも事実です。
このページでは二度とお店に来てほしくない悪質な客についてまとめています。

酒癖が悪い顧客


どれだけ真面目で優しそうに見えても、お酒が入ると途端に暴言を吐く暴力を振う、ネチネチとキャバ嬢やお店の悪口を言うキャバ嬢を脅す暴れる顧客は本当に困ります。
酔ってお店の花瓶を割り、他の顧客にケガを負わせるなどすれば確実に出入り禁止になります。

ただ酒癖の悪い顧客はパッと見た目で判断出来ないのが困りもの。
もし酒癖が悪く手が付けられない時は店舗スタッフに相談しましょう
器物破損や傷害になりそうな時は警察に通報しなければならないケースもあります。

「俺は客だ。お金を払っているんだぞ」と言われても、毅然とした態度で臨むべきです。

セクハラ顧客


キャバクラにやって来る顧客の中には、最初からセクハラ狙いでやって来る悪質な方がいます
酔った勢いで女の子の胸や脚を鷲掴みにしたり、無理矢理キスするように迫ったりソファーに女の子を押し倒すなど目に余る行動で迷惑を掛ける事も。

上記のような分かりやすいセクハラだけではなく、いきなり初対面の女の子に「ねえ、これからデートしようよ」「ホテルに行こう。仕事が終わるまで待ってるからさ」と、強引に言い寄るスケベ顧客もいます。
初対面のキャバ嬢に店外デートを迫るのは明らかにマナー違反

マナーや一般常識を知らないセクハラ顧客は相手にする必要無し。
「二度とお店に来るな」と言われても仕方がないのがセクハラ系の客です。

恩着せがましい顧客


顧客がお気に入りのキャバ嬢にブランド物のバッグやアクセサリーを贈ったり、美味しいレストランで食事を奢るのは当たり前の事なのですが、それをいつまでも覚えている顧客もいます。
「先月、三ツ星レストランで奢ってあげたよね?だから今度の日曜日にドライブしようよ。二人きりで遠出しようよ」と言い寄られるのは本当に迷惑です。

キャバ嬢は基本的に顧客と二人きりになるシチュエーションを避けますし、レストランで奢った事をいつまでも覚えている恩着せがましい顧客にはうんざり

さらに、

  • 「俺は客だぞ」と言わんばかりに横柄な態度の顧客
  • 「俺って金持ちだからさ~、毎日キャバクラで遊べるんだよね」
  • 「会社で部長になった。俺の会社は俺が居たから成功したんだ」

など、口を開けば自慢話しかしない顧客も嫌がられます。

本当のお金持ちや実力のある方、社会的に高い地位にある方は自慢話はしないものですよ